私の起業体験―株式会社創立とデイ・サービスの運営―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/12443
ファイル
タイトル
私の起業体験―株式会社創立とデイ・サービスの運営―
別タイトル
My experience founding a corporation and managing
著者
氏名 近藤 敏
ヨミ コンドウ サトシ
別名 KONDO Satoshi
キーワード
起業 デイ・サービス
介護保険制度
作業療法
founding a corporation
a day center for seniors
the nursing-care insurance system
occupational therapy
抄録

2000 年に導入された介護保険制度は作業療法士に起業の機会を与えている。私は,2012 年,北九州市で株式会社「フロー・ライフ」をつくり,現在私の娘二人が中心となって定員25 名のデイ・サービス「じりつ」を運営している。長年培った人脈と作業療法の経験を頼りに,乱立する同業他者との差別化を図りながら,2 年半が過ぎ何とか経営の見通しが立ってきた。この間,主として口コミと噂を期待し,作業療法の技を生かしながら自立支援型のデイ・サービスを推進してきた。質の高いサービスを提供できるという自信はあったが,果たして地域の人々に支持され,利用者が増えるだろうかという不安で眠れない日もあった。そのなかで,徐々に利用者と家族そしてケアマネージャーに信頼され,スタッフがやりがいをもって働く姿をみることで手応えを感じつつある。まだ道半ばであり,職員教育や利用者の就労支援も課題である。国の施策に翻弄される事業であるため,介護保険に頼らない新規事業を考える必要も感じている。何よりも従業員の生活を守らなければならない。起業には相当の覚悟が必要である分,サラリーマンと違った喜びもある。

The nursing-care insurance system started in 2000, giving occupational therapists the chance to start new businesses. So,I built an incorporated company named Flow Life in Kitakyushu city in 2012. Mainly my two daughters have managed a day center for seniors called Jiritsu, which has a capacity of 25, for 2 years and 6 months. Recently, we have at last reached financial stability by differentiating ourselves from other day centers with the help of my long years of network building and my career in occupational therapy. Through that time, we counted on a good reputation spread by word of mouth about Jiritsu, and we developed a day center for seniors focused on physical independence support using occupational therapy.Though I had every confidence that we could provide high-quality services, I felt much anxiety about whether people in the community would accept Jiritsu and users would increase. Gradually, we gained the trust of care managers and we were confident of making a success of our job. Our staff also recognized that our job was challenging. But we are still only halfway there. We have problems regarding users' return to work and education for staff. Also our job is easily influenced by national policy. It means we must be aware of other businesses, and we have to maintain our staff’s livelihood. Though I do think that we are prepared for the worst about the start of new business, I feel a different kind of joy that I didn’t feel as a salaried worker.

内容記述

特別寄稿

掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
16
1
開始ページ
9
終了ページ
18
出版年月日
2016-03
出版者
県立広島大学
本文作成日付
2017-02
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
04
区分
pu-hiroshima