介護福祉士養成校の学生達の介護意識について ―質問紙調査を通して―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/12448
ファイル
タイトル
介護福祉士養成校の学生達の介護意識について ―質問紙調査を通して―
別タイトル
Consciousness of care for the elderly of students in professional schools for care workers ― Questionnaire survey ―
著者
氏名 三原 博光
ヨミ ミハラ ヒロミツ
別名 MIHARA Hiromitsu
氏名 國定 美香
ヨミ クニサダ ミカ
別名 KUNISADA Mika
氏名 新井 康友
ヨミ アライ ヤストモ
別名 ARAI Yasutomo
氏名 松本 百合美
ヨミ マツモト ユリミ
別名 MATSUMOTO Yurimi
氏名 原田 由美子
ヨミ ハラダ ユミコ
別名 HARADA Yumiko
氏名 島野 麻里子
ヨミ シマノ マリコ
別名 SHIMANO Mariko
氏名 大内 隆
ヨミ オオウチ タカシ
別名 OUCHI Takashi
キーワード
介護福祉士養成施設
学生
介護意識
質問紙調査
professional school for care workers
students
consciousness of care
questionnaire
抄録

本研究は,質問紙調査を通して,介護福祉士養成校の学生達の介護意識を明らかにすることを目的とした。124 名の学生から回答を得た。多くの学生は「人の役に立つ仕事がしたい」などの介護職に強い動機を持っていた。将来の就職は,大部分の学生が介護福祉士として特別養護老人ホームなどの高齢者の分野での希望を持っていた。ただ,一部の学生は,職場の待遇などの理由から,転職も考えており,必ずしも介護の仕事を継続する気持ちを持っていなかった。興味ある授業では,主に「介護(技術)領域」と「高齢者の心理」があげられた。介護に配慮する面では,主に利用者の「健康」があげられたが,「2 年制課程」の学生が「4 年制課程」の学生より「機能回復訓練」を重視している傾向が見られた。多くの学生は,将来の介護の仕事に不安を持ちながらも,介護職について強い動機づけを持っていた。

The study was intended to clarify the consciousness of the care for the elderly of students in professional schools for care workers through a questionnaire. There were 124 students responding to the questionnaire. Most students had a strong motivation to become care workers, such as "I would like to help the elderly." About the work, many students had a hope to work in the field of the elderly, such as in a nursing home as a care worker. However some of the students, for reasons such as the conditions (working time, salary) in the workplace, will change jobs and did not have the inclination to continue to work in care for the elderly. Most students responded that they were interested in the classes "Method of Care for the Elderly" and "Psychology of the Elderly." Most students thought that health is very important in care for the elderly, but students of two-year programs were more likely than students of four-year programs to stress rehabilitation. Most students had a strong motivation for the care for the elderly, though they have anxiety about the work of caring for the elderly in the future.

内容記述

資料

査読の有無
掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
16
1
開始ページ
63
終了ページ
68
出版年月日
2016-03
出版者
県立広島大学
本文作成日付
2017-02
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
09
区分
pu-hiroshima