理学療法学科における屋根瓦式教育導入の報告 ―学修支援者への教育効果に着目して―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/12453
ファイル
タイトル
理学療法学科における屋根瓦式教育導入の報告 ―学修支援者への教育効果に着目して―
別タイトル
The educational effect to the learning advisor of the multi-layered education style
著者
氏名 梅井 凡子
ヨミ ウメイ ナミコ
別名 UMEI Namiko
氏名 沖田 一彦
ヨミ オキタ カズヒコ
別名 OKITA Kazuhiko
氏名 田中 聡
ヨミ タナカ サトシ
別名 TANAKA Satoshi
キーワード
理学療法教育
屋根瓦式教育
測定実習
学修支援者
physical therapy education
multi-layered education style
practical skills training
learning advisor
抄録

理学療法学科においては教育方法として平成23 年度より上級生に下級生の指導をしてもらう屋根瓦式教育を取り入れている。特に理学療法評価学Ⅰにおいてはバイタルサイン測定実習の学修支援に参加してもらっている。測定実習の場合,実技指導が中心となり学修支援者の知識,能力が重要となる。今回,平成26 年度理学療法評価学Ⅰにおいて学修支援者として参加した3 年生9 名にアンケートを実施し,その教育効果が確認できたのでここに紹介する。

We are introducing a multi-layered education style to physical therapy education. The multi-layered education style is an education technique where senior students guide lower-grade students. Senior students cooperate as learning advisors in
measurement training in particular. In the case of practical skills training, practical guidance takes the leading part. Therefore knowledge and the ability of a learning advisor become important. Its educational effect was confirmed by a questionnaire
this time, so it's introduced here.

内容記述

特集

掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
16
1
開始ページ
95
終了ページ
100
出版年月日
2016-03
出版者
県立広島大学
本文作成日付
2017-02
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
14
区分
pu-hiroshima