耳鼻咽喉科医から見た嚥下障害医療の問題点

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/12556
ファイル
タイトル
耳鼻咽喉科医から見た嚥下障害医療の問題点
別タイトル
Problems related to medical science and health care of dysphagia from the viewpoint of an otolaryngologist
著者
氏名 土師 知行
ヨミ ハジ トモユキ
別名 HAJI Tomoyuki
キーワード
嚥下障害
チーム医療
耳鼻咽喉科医
嚥下内視鏡検査
医療安全
dysphagia
multi-disciplinary approach
otolaryngologist
video-endoscopic swallowing study
medical safety
抄録

超高齢社会が進んで行く中で,誤嚥性肺炎や嚥下障害が単に医療問題にとどまらず,大きな社会問題となっている。しかしながら,このように嚥下障害に焦点が向けられたのは比較的最近のことである。嚥下障害医療は多職種のチームで行う必要があるが,なおもチームとしては未熟な面が見受けられる。今回は耳鼻咽喉科・頭頸部外科医である筆者から見た嚥下障害医療の問題点を,1)嚥下障害の診断や客観的評価,2)耳鼻咽喉科医の嚥下障害医療に対する役割,3)嚥下障害と医療安全,4)経口摂取とリクライニング位,5)喉頭蓋のはたらき,6)液体のとろみ付けについて,7)嚥下リハビリテーションの現状と課題,8)嚥下障害に対する手術について,9)risk feeding について,の9 つの点から論じた。嚥下障害の医療はまだまだ歴史が浅く,「嚥下障害医学」と言えるだけの科学的体系も整っていないのが現状である。耳鼻咽喉科医は嚥下内視鏡検査を始めとして嚥下障害に深く関わる知識や技術を持っており,嚥下医療チームの一員として今後の「嚥下障害医学」の発展に積極的に関わっていくのが使命だと考える。

As Japan is currently an aging society facing a future as a super-aging society, aspiration pneumonia and its cause, dysphagia, is considered to be a large social problem rather than a simple medical problem. However, it has been only a few decades since dysphagia has begun to be focused on in the field of medical science and health care. So, the current state of the multi-disciplinary medical and health care teams for dysphagia seem to be inadequate. In this article, the author discusses the problems related to the medical and health care of dysphagia described below from the viewpoint of an otolaryngologist, including: 1) how a diagnosis or objective evaluation of dysphagia should be made, 2) the otolaryngologist’s role regarding dysphagia care/treatment, 3) dysphagia and medical safety, 4) patient’s reclining position and oral ingestion, 5) the role of the epiglottis during swallowing, 6) thickening agents, 7) present situation of rehabilitation of dysphagia and problems to be solved, 8) surgery for dysphagia, and 9) risk feeding. It is the author’s opinion as an otolaryngologist that otolaryngologists should take an active part in the multi-disciplinary medical and health care team for dysphagia because otolaryngologists have the best knowledge and techniques regarding swallowing disorders on the medical team.

内容記述

臨床実践への提言

掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
18
1
開始ページ
11
終了ページ
18
出版年月日
2018-03
出版者
県立広島大学
本文作成日付
2018-03
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
04
区分
pu-hiroshima