高齢難聴者の文聴取における文節休止の効果―模擬難聴システムを用いたシミュレーションによる検討―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/12557
ファイル
タイトル
高齢難聴者の文聴取における文節休止の効果―模擬難聴システムを用いたシミュレーションによる検討―
別タイトル
Effectiveness of inter-phrase pausing for sentence intelligibility in the elderly with hard of hearing ― A simulation study using a hearing impairment simulator ―
著者
氏名 畑山  春菜
ヨミ ハタヤマ ハルナ
別名 HATAYAMA Haruna
氏名 長谷川 純
ヨミ ハセガワ ジュン
別名 HASEGAWA Jun
氏名 吐師  道子
ヨミ ハシ ミチコ
別名 HASHI Michiko
氏名 松井 淑恵
ヨミ マツイ トシエ
別名 MATSUI Toshie
氏名 入野  俊夫
ヨミ イリノ トシオ
別名 IRINO Toshio
キーワード
文節休止
文聴取
高齢難聴者
模擬難聴システム
inter-phrase pausing
listening comprehension of sentences
the elderly with hard of hearing
hearing impairment simulator
抄録

"難聴のある高齢者に話しかける際に,聞き取りを助ける方法の1つとして,文節の間をあけて話すことが推奨されている。こうした文節休止が文の聴取に与える効果について,模擬難聴システムを用いて高齢者の聴力をシミュレーションし,若年健聴者を対象に聴取実験を行なって検討した。その結果,文節休止0.6 秒,文節休止0.1秒,文節休止なしの順に文聴取の正答率が高く,文節休止は聞き取りの向上につながると考えられた。また,ごく短い0.1 秒の休止でも,一定の効果があることが示唆された。
"

When speaking to elderly people with hard of hearing, it is commonly recommended to insert short pauses between phrases of a sentence in order to assist their listening comprehension. In this study, the effectiveness of inter-phrase pausing for listening comprehension of sentences was investigated by simulating elderly people’s hearing utilizing a hearing impairment simulator. Young adults with normal hearing participated in an experiment in which they listened to sentences through the hearing impairment simulator and were asked to repeat the sentences as they heard them. The results showed that the correct answer rate was highest with a 0.6 second pausing, followed by a 0.1 second pausing, and lowest when sentences were presented without pausing. It can be concluded that inter-phrase pausing facilitates listening comprehension of sentences and even a very short pausing of 0.1 second is effective.

内容記述

原著

査読の有無
掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
18
1
開始ページ
19
終了ページ
26
出版年月日
2018-03
出版者
県立広島大学
本文作成日付
2018-03
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
05
区分
pu-hiroshima