言語聴覚士養成校における学生の社会福祉に関する意識と授業効果―授業前・後のアンケート調査より―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/12666
ファイル
タイトル
言語聴覚士養成校における学生の社会福祉に関する意識と授業効果―授業前・後のアンケート調査より―
別タイトル
Perceptions of social welfare in speech-language pathology students and impact of a lecture course : A pre- and postcourse questionnaire survey
著者
氏名 坊岡 峰子
ヨミ ボウオカ ミネコ
別名 BOOKA Mineko
氏名 金子 努
ヨミ カネコ ツトム
別名 KANEKO Tsutomu
氏名 玉井 ふみ
ヨミ タマイ フミ
別名 TAMAI Fumi
キーワード
言語聴覚士養成校
社会福祉
相談援助技術
自己覚知
アンケート調査
speech-language pathologist education
social welfare
self-awareness
consultation skills in social work
questionnaire survey
抄録

言語聴覚士養成校における学生の社会福祉の知識や相談援助技術に関する認識について,現状と授業の効果を把握する目的で,社会福祉概論の授業前・後にアンケート調査を実施した。実施期間は,2009年度~2017年度,6項目の質問に7件法で評価しその理由の記述を求めた。有効回答数は授業前262名(97.8%),授業後261名(97.4%)であった。全ての項目で授業の効果が示された。社会福祉に関する知識や援助技術が学生自身や言語聴覚士の専門性に役立つという認識は,授業前から高い傾向にあったが,授業後はより具体性をもってその有用性が認識された。一方,知識や援助技術の習得については,授業後にも低い結果であった。しかし,自分の言動の傾向などを認識する「自己覚知」と思われる記述が増加した。このことより,社会福祉の動向に関心をむけるような働きかけや,体験的に援助技術を学べる演習を有効に取り入れていく必要性が示された。

A pre- and post-course questionnaire survey was administered to speech-language pathology students to investigate the effects of a lecture course on their knowledge of social welfare and recognition of consultation skills in social work. The study period was from 2009 to 2017. The questionnaire had six items scored on a seven-point scale and free-response questions about the scale. A total of 262 (response rate, 97.8%) and 261 (response rate, 97.4%) students responded before and after the lecture course. The results of all questions showed the effectiveness of this course. Pre-course scores were high for recognition of the personal and professional usefulness of knowledge of social welfare and consultation skills. Moreover, the usefulness of them were recognized concretely. On the other hand, post-course scores related to acquisition of knowledge and consultation skills remained low. However, student responses became more indicative of self-awareness in the post-course questionnaire. Learning about social welfare is benefi cial in strengthening the expertise of speech-language pathologists who need to collaborate with other professionals and provide psychological support to those who are in need. Practical exercises may need to be integrated into their training.

内容記述

資料

掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare, Prefectural University of Hiroshima
19
1
開始ページ
79
終了ページ
87
出版年月日
2019-03
出版者
県立広島大学
本文作成日付
2019-03
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
12
区分
pu-hiroshima