子どもの思いから始める支援の重要性 ―外国にルーツを持つことに悩み向き合い受け入れるまでの経験をもとに―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/12826
File
Title
子どもの思いから始める支援の重要性 ―外国にルーツを持つことに悩み向き合い受け入れるまでの経験をもとに―
Title Alternative
The importance of support starting from the child's wishes ― Based on the experience of facing and accepting the distress of having roots in a foreign country ―
Author
氏名 増田 一子
ヨミ マスダ ハツネ
別名 MASUDA Hatsune
氏名 織田 靖史
ヨミ オリタ ヤスシ
別名 ORITA Yasushi
氏名 永吉 美香
ヨミ ナガヨシ ミカ
別名 NAGAYOSHI Mika
氏名 山西 葉子
ヨミ ヤマニシ ヨウコ
別名 YAMANISHI Yoko
氏名 澤田 いのり
ヨミ サワダ イノリ
別名 SAWADA Inori
氏名 友田 直哉
ヨミ トモタ ナオヤ
別名 TOMOTA Naoya
Subject
外国にルーツを持つ子ども
児童生徒
作業的存在
複線経路等至性アプローチ
foreign roots
children
occupational being
Trajectory Equifi nality Approach
Abstract

本研究の目的は,外国にルーツを持つ子どもが日本で生活を送る中で,どのような経験をし,それが本人の人 生にどのような影響を与えるのかを明らかにして,現状調査の結果とを併せて考察することにより,クライエン トが求める支援の在り方を提言することである。今回,複線径路等至性アプローチ(TEA)を用いて外国にルー ツを持つ当事者 1 名にインタビューを実施し,得られた語りを分析後,現状調査を踏まえ作業療法士の視点で考 察した。その結果,本人が取り組みたいことに取り組むという経験をすることで,日本社会においてルーツを個 性のひとつとして受け入れ,人との関わりの中で自分らしく未来を描くことができるようになることが分かった。 外国にルーツを持つ子どもが陥りやすい自己否定から脱し,自分らしい生活を送るために,本人が取り組みたい 活動に取り組むことができるよう支援する視点の必要性が示唆される。

In recent years, the number of children with foreign roots has been increasing in Japan. Although the support provided for such children is increasing accordingly, it is still far from suffi cient. In this study, we interviewed a subject with foreign roots who grew up in Japan, collected information about his experiences, and discussed what kind of support is necessary. It was found that the experience of being able to work on what he wanted to do was important for him to accept his roots as a part of his personality in Japanese society and envision his future in his own way. For people with foreign roots to break free from the self-denial that they tend to fall into, and to lead a life that is true to themselves, our study suggested that it is necessary to have a perspective that supports them in engaging in the activities that they want to engage in.

Description

事例研究

Journal Title
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare, Prefectural University of Hiroshima
Volume
22
Issue
1
Spage
19
Epage
29
Published Date
2022-03
Publisher
県立広島大学
Created Date
2022-03
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
05
Set
pu-hiroshima