A Comparison Study of Human Resources to Support School Hygiene in Japan and the United States

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3224
ファイル
タイトル
A Comparison Study of Human Resources to Support School Hygiene in Japan and the United States
別タイトル
日米における学校保健を支える人的資源の比較研究
著者
氏名 KASAGI Keiko
ヨミ カサギ ケイコ
別名 笠置 恵子
氏名 WAKAMATSU Maki
ヨミ ワカマツ マキ
別名 若松 舞紀
氏名 TSUSHIMA Hiroe
ヨミ ツシマ ヒロエ
別名 津島 ひろ江
キーワード
養護教諭
業務
役割
スクールナース
実践
school nurse teacher
duties
role
school nurse
practice
抄録

There are various health problems related with school hygiene. The optimal way for staff members of Japan-U.S. school hygiene organizations to carry out such duties remains to be elucidated. The authors did a literature review to compare the duties of the main staff members who performed school hygiene in these two countries in order to clarify the present condition of school hygiene in both countries while also examining future potential problems. The main staff members involved in school hygiene in both countries are the Japanese school nurse teacher and the American school nurse. The associated staff members are school counselors, mental health professionals in Japan, and school counselors, caseworkers, school psychologists and health assistants in the U.S.A. There were many common points regarding school hygiene duties in the two countries, but some differences were seen in the distribution of such duties. In addition, differences in both the licensing of school nurse teachers and school nurses, and differences in the health problems of the two nations were observed. Regarding school nurse teachers in Japan and the problems of Japanese school hygiene, we herein discuss the sufficiency of staff members and establishment of a support system by which school nurse teachers carry out their duties and also discuss how to improve the nursing ability of school nurse teachers.

今日,学校保健の現場においては多様な健康問題が存在する。日米の学校保健組織のスタッフはどのようにその業務内容を遂行しているのだろうか。本研究においては,両国の学校保健をつかさどっている主な職員とその業務内容を比較検討することにより,両国の学校保健の現状をあきらかにし,今後の課題を検討することを目的とした。その結果,両国の学校保健をつかさどる主な職員は日本の養護教諭,米国のスクールナースである。関連職員として日本においてはスクールカウンセラー,心の相談員がおり,一方,米国においてはスクールカウンセラー,ケースワーカー,スクールサイコロジスト,保健助手がいる。両国の学校保健の業務内容には共通点も多くあるが,業務構成の割合には相違点が見られた。また養護教諭とスクールナースの免許や国民の健康問題の違いから生ずる相違点も明らかになった。養護教諭や日本の学校保健の課題として,関連職員の充実や養護教諭が業務を実施する際の支援システムの確立,養護教諭の看護能力の向上を挙げる事ができる。

内容記述

報告

Report

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
6
1
開始ページ
125
終了ページ
132
出版年月日
2006-03
出版者
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
英語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
16
旧URI
区分
pu-hiroshima