オストメイトが旅行をする際の備え

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3260
ファイル
タイトル
オストメイトが旅行をする際の備え
別タイトル
Preparation of Ostomates for Traveling
著者
氏名 佐藤 福美
ヨミ サトウ フクミ
別名 SATO Fukumi
氏名 阪本 恵子
ヨミ サカモト ケイコ
別名 SAKAMOTO Keiko
氏名 田村 典子
ヨミ タムラ ノリコ
別名 TAMURA Noriko
キーワード
オストメイト
旅行
備え
ostomates
travel
preparation
抄録

研究目的は,オストメイトが旅行をする際の備えをあきらかにすることである。情報提供者には研究参加に関して書面による同意が得えられた,大腸がんでストーマを造設した8名である。データ収集は半構成質問紙(semi-structured interview)を用いたインタビューを実施し,その内容を逐語化し分析した。その結果,1)「ストーマセルフケアの備え」と,2)「心の備え」の2つのカテゴリーを抽出した。1)には,(1)体調の管理,(2)排便のコントロール,(3)適時の処理,(4)漏れの対策の4つのサブカテゴリーが含まれていた。2)には,(1)信念,(2)安心感という2つのサブカテゴリーが含まれていた。本研究で得られた結果は,オストメイト自身の体験から得られたものであり,これらの結果は,オストメイトの相談の場などで,指導や教育に組み込むことができ,社会復帰に活用できるものである。

This study investigates the preparation of ostomates for traveling. The subjects were eight persons who had had a stoma as a result of colon cancer. Data was collected by means of semi-structured interviews, the content of which was transcribed for the purpose of analysis. Two major factors emerged from the interview data: 1) preparation of stoma self-care; 2) mental preparation. The first factor includes four subcategories: a) management of physical condition; b) control of bowel movements; c) disposal timing; d) prevention of leaking. The second factor includes two subcategories: a) belief; b) feeling of security. These results are based on the actual experiences of patients and thus may be of use in advice and education for reintegration into society.

内容記述

報告

Report

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
7
1
開始ページ
133
終了ページ
143
出版年月日
2007-03
出版者
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
16
旧URI
区分
pu-hiroshima