関節可動域制限の発生時期に関する検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3264
File
Title
関節可動域制限の発生時期に関する検討
Title Alternative
Generation of Range of Motion Limitation in Short Immobilization
Author
氏名 陳之内 将志
ヨミ ジンノウチ マサシ
別名 JINNOUCHI Masashi
氏名 小野 武也
ヨミ オノ タケヤ
別名 ONO Takeya
氏名 沖 貞明
ヨミ オキ サダアキ
別名 OKI Sadaaki
氏名 清水 ミシェル アイズマン
ヨミ シミズ ミシェル アイズマン
別名 SHIMIZU Michele Eisemann
氏名 長谷川 正哉
ヨミ ハセガワ マサキ
別名 HASEGAWA Masaki
氏名 坂口 顕
ヨミ サカグチ アキラ
別名 SAKAGUCHI Akira
氏名 金井 秀作
ヨミ カナイ シュウサク
別名 KANAI Shusaku
氏名 白岩 加代子
ヨミ シライワ カヨコ
別名 SHIRAIWA Kayoko
氏名 大塚 彰
ヨミ オオツカ アキラ
別名 OTSUKA Akira
Subject
関節可動域制限
短期間固定
関節角度
動物実験
range of motion limitation
short immobilization
joint angle
animal experiment
Abstract

本研究の目的は,関節可動域制限の発生時期を特定することである。実験動物にはWistar系ラット雌15匹を用いた。それらを関節の固定期間により2日固定群,3日固定群,4日固定群に各5匹を割り当てた。結果は,固定前の足関節背屈角度には各群間で有意差を認めなかった。固定後の足関節背屈角度は全ての群において固定前より有意に高値を示した。また,2日固定群と3日固定群,2日固定群と4日固定群の問には有意差を認めたが,3日固定群と4日固定群の間には有意差を認めなかった。今回の結果から関節可動域制限は固定後2日で発生していることがわかった。さらに固定後1日でも発生する可能性が示唆された。今後は,1週間以内で発生する関節可動域制限の制限因子について形態学的,組織学的,生化学的に検討する必要があると思われる。

The purpose of this study was to determine the shortest immovable period for a range of motion limitation to occur. Fifteen female Wister rats were divided into three groups: immobilization for two days, three days and four days. The joint angle was measured on the first and last days of the experiment. Significant differences were not found for the first day for each group. However, significant differences were found between the three groups for the last day, as compared with the first day. In addition, significant differences were found between immobilization for two days and three days and for three days and four days. We found that a change took place in the joint angle even after immobilization for just two days. We believe that morphologic, histologic, and biochemical changes caused the limitation. At which time and how each factor affects the change are subjects for further research.

Description

報告

Report

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
Volume
7
Issue
1
Spage
181
Epage
185
Published Date
2007-03
Publisher
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
20
Old URI
Set
pu-hiroshima