日本語発話の鼻音性の定量的評価 : ナゾメータを用いて(ヘルスプロモーション(健康づくり)に挑む,広島保健福祉学会第7回学術大会プログラム・抄録集)

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3296
File
Title
日本語発話の鼻音性の定量的評価 : ナゾメータを用いて(ヘルスプロモーション(健康づくり)に挑む,広島保健福祉学会第7回学術大会プログラム・抄録集)
Author
氏名 武内 和弘
ヨミ タケウチ カズヒロ
別名 TSKEUCHI Kazuhiro
氏名 小澤 由嗣
ヨミ オザワ ヨシアキ
別名 OZAWA Yoshiaki
Abstract

発話における鼻音性の程度を定量的に評価する方法の1つとして,ナゾメータによる検査法がある。本研究では,青年期の中国地方の方言話者(10~27名)における日本語単音節と短文発音時の鼻音化率(平均Nasalance値)について,それぞれの平均および標準偏差を求めた。その結果,母音の平均Nasalance値は,イが最も高く,アが続き,オが常に低かった。エはイより低く,ウは一定しなかった。また,調音に高い口腔内圧を必要とする子音(p,t,k,s,ts等の破裂音,摩擦音,破擦音)を多く含む文の平均Nasalance値は,そうでない文より低かった。さらに,発話の鼻音化率は,女性が男性より高く,中国地方方言話者の方が関西方言話者より高かった。以上の,検索結果を元に,青年期を対象とする日本語発話の鼻音性評価法試案を作成した。

Description

研究パネル

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
Volume
7
Issue
1
Spage
227
Published Date
2007-03
Publisher
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
32
Old URI
Set
pu-hiroshima