<報告>看護学生の終末期看護における教育方法の検討(その 1) : 事例提示によるレポートの分析

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3309
File
Title
<報告>看護学生の終末期看護における教育方法の検討(その 1) : 事例提示によるレポートの分析
Title Alternative
<Report>Evaluation of terminal care education methods for student nurses (1) : Report analysis after case presentation
Author
氏名 二重作 清子
ヨミ フタエサク キヨコ
別名 FUTAESAKU Kiyoko
氏名 薬師寺 文子
ヨミ ヤクシジ フミコ
別名 YAKUSHIZI Fumiko
氏名 横路 洋子
ヨミ ヨコロ ヨウコ
別名 YOKORO Youko
Subject
看護学生
終末期看護
教育方法
事例
レポート
student nurses
terminal care
educational methods
case
report
Abstract

本研究は, 看護学生の終末期患者の看護における教育方法の今後の課題を明らかにすることを目的に, 本短期大学生101名の3年次における成人・老人看護実習の, 慢性期・終末期看護実習終了後に提示した事例についてレポートを分析したものである。その結果, 学生は, 患者・家族の不安や苦痛について理解でき, 苦痛を軽減する援助について学びが得られていた。今後の課題として, 終末期看護について学習する場を意図的に設けること, 学習効果が得られるような教員の積極的な関りの必要性が示唆された。

To clarify future problems in terminal care education methods for student nurses, we analyzed reports, which were written by 101 students of our junior college when they were in the 3rd year, on a case presented after completion of chronic terminal stage practice in nursing practice with adult/elderly patients. The results showed that the students were able to understand the anxiety and pain of patient/families and adequately learned how to offer support to reduce pain. The future problems are the planned provision of occasions for learning terminal care and the active involvement of teachers to produce learning effects.

Description

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
広島県立保健福祉大学誌人間と科学 = Journal of Hiroshima Prefectural College of Health Sciences, humanity and science
Volume
1
Issue
1
Spage
39
Epage
49
Published Date
2001-03
Publisher
広島県立保健福祉大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA11568026
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
09
Old URI
Set
pu-hiroshima