<原著>心窩部冷罨法が胃蠕動運動と腹腔動脈血流に与える影響 : 体外式超音波を用いた評価

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3352
File
Title
<原著>心窩部冷罨法が胃蠕動運動と腹腔動脈血流に与える影響 : 体外式超音波を用いた評価
Title Alternative
<Original article>The Effect of A Cold Application to The Epigastric Area on The Gastric Motility and Arterial Blood Flow of the Celiac Trunk. : Evaluation with Doppler Sonography
Author
氏名 杉本 吉恵
ヨミ スギモト ヨシエ
別名 SUGIMOTO Yoshie
氏名 竹林 美穂子
ヨミ タケバヤシ ミホコ
別名 TAKEBAYASHI Mihoko
氏名 畠 二郎
ヨミ ハタ ジロウ
別名 HATA Jiro
Subject
冷罨法
看護技術
胃蠕動運動
血流量
超音波
cold application
nursing skills
gastric motility
blood flow
Doppler sonography
Abstract

心窩部冷罨法は,胃蠕動運動を抑制し,血管を収縮させると考えられており,吐血時に止血効果があるとされている看護技術の一つである。本研究では,心窩部冷罨法が,胃蠕動運動と腹腔動脈血流にどのような影響を及ぼしているかを検討することを目的とした。対象は健康な女性17名(18~21歳,平均18.4±0.8歳)とした。実験は原則として早朝空腹時に行ったが,食事負荷は37℃に加温した液状バランス栄養食品200mlで行った。15分間の心窩部冷罨法の施行前後において,胃前庭部運動能(Motility Index)と腹腔動脈血流量の変化を体外式超音波法を用いて評価することとした。その結果,冷罨法により胃前庭部運動能は有意に低下した(食後期8.37±0.81,冷罨法中8.12±1.04)。一方の腹腔動脈血流量は冷罨法により有意に減少した(食後期512±97ml/min,冷罨法後380±93ml/min)。以上のことから,心窩部冷罨法は,胃前庭部運動能を低下させ腹腔動脈血流量を減少させるのに効果が認められ,吐血時の止血法として有効であることが実験的に示された。

In clinical practice, the application of cold to the epigastric area has been thought to be effective in the management of the patients with gastric hemorrhage by reducing the gastric blood flow and gasgric motility. The aim of this study was to investigate the effect of this maneuver on gastric motility and the blood flow of the celiac trunk. Seventeen healthy volunteers (all female, 18 to 21 years old, mean age : 18.4±0.8) were included in this study. We evaluated the changes in the antral motility and the blood flow of the celiac trunk with Doppler untrasonography before and after the application of cold to the epigastric area for 15 minutes. The motility index of the antral area changed after cooling (postprandial 8.37±0.81 ; during cooling 8.12±1.04). The flow volume of the celiac trunk, on the other hand, decreased by the application of cold (postprandial 512±97 ml/min ; after cooling 380±93 ml/min). In conclusion, the application of cold to the epigastric area was effective in decreasing both the gastric antral motility and the celiac arterial blood flow.

Description

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
広島県立保健福祉大学誌人間と科学 = Journal of Hiroshima Prefectural College of Health Sciences, humanity and science
Volume
3
Issue
1
Spage
9
Epage
15
Published Date
2003-03
Publisher
広島県立保健福祉大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA11568026
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
05
Old URI
Set
pu-hiroshima