構成能力に注目した短期間の訓練で模写が著しく改善した痙直型両麻痺児の一例

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3379
ファイル
タイトル
構成能力に注目した短期間の訓練で模写が著しく改善した痙直型両麻痺児の一例
別タイトル
A Case of a Spastic Diplegia Child whose Copying Ability Improved Remarkably by Short-term Training of Constructional Ability
著者
氏名 伊藤 信寿
ヨミ イトウ ノブヒサ
別名 ITO Nobuhisa
氏名 冨田 豊
ヨミ トミタ ユタカ
別名 TOMITA Yutaka
キーワード
痙直型両麻痺
視知覚障害
模写
感覚運動経験
spastic diplegia
visuo-perceptual impairment
copying ability
sensory-motor experience
抄録

近年, 脳性麻痺の痙直型両麻痺児に視知覚障害の合併があることが報告されるようになった。模写が困難であり, 視知覚障害が疑われた痙直型両麻痺児の作業療法を行ったので, その結果を報告する。新版K式発達検査及びフロスティック視知覚発達検査等による評価の結果では, 視覚及び形態知覚は良好だが, 空間知覚と構成能力に障害を認めた。模写困難の主要因として, 行為の障害である構成能力障害を疑い, 模写の改善のために体性感覚と視覚情報を組み合わせた感覚運動経験を重視した短期間の訓練を行った。その結果, 線の長さや方向, 位置関係が調整できるようになり, 模写及び書字能力が著しく改善した。

In recent years, visuo-perceptual impairment in spastic diplegia is often reported. We trained a child with spastic diplegia, whose initial copying ability was poor and showed that a visuo-perceptual impairment was suspected. The result of a detailed evaluation showed that although vision and form perception ability were good, spatial perception and space constructional capability were affected. In order to improve copying ability, training through sensory-motor experiences was implemented with special attention to construction ability. Through this training, the length of a line, direction, and spatial relationships in copying and writing abilities improved in a short period of time.

内容記述

症例報告

Clinical Report

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
広島県立保健福祉大学誌人間と科学 = Journal of Hiroshima Prefectural College of Health Sciences, humanity and science
4
1
開始ページ
21
終了ページ
28
出版年月日
2004-03
出版者
広島県立保健福祉大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA11568026
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
07
旧URI
区分
pu-hiroshima