本学の生命倫理教育

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3389
ファイル
タイトル
本学の生命倫理教育
別タイトル
Bioethics Education at Hiroshima Prefectural College of Health Sciences
著者
氏名 岡本 珠代
ヨミ オカモト タマヨ
別名 OKAMOTO Tamayo
キーワード
生命倫理教育
医科学
インフォームド・コンセント
bioethics education
beiomedical sciences
informed consent
抄録

本学5学科の3年次学生に提供されている生命倫理学クラスの1年間の授業概要と学生たちの反応について報告する。このクラスでは, 医療従事者・患者の関係, 実験研究, 先端医科学の分野で生ずる倫理的ディレンマを表面化させ, 対処する方法を考えることを目的としている。クラスでは最初にすべての分野で根本に据えられるべきインフォームド・コンセントの原理について学ぶ。学生は各時間の最後に質問に答える形で, 意見の表明を書き記す。それらの意見のうち他の学生たちと共有する価値のあるものを抜粋してA4版2ページ程度に印刷し, 次のクラスで配付する。本稿では, いくつかの生命倫理上の問いに対する学生たちの反応を紹介する。

This is a report on the "Bioethics" class offered to the third year students at this college since last year. The class is intended to orient allied-health students to the ways of dealing with future ethical dilemmas they might face in an interdisciplinary clinical team setting, in medical research and in the development of advanced medical technology. Students study the ethical principle of informed consent in the early stage of the semester. At the end of each session, they are requested to write a comment or an answer to an ethical question the instructor poses. The answers are selected, printed and distributed in the next class. This article presents some of the class content and some student responses to ethical questions.

内容記述

資料

Data Report

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
広島県立保健福祉大学誌人間と科学 = Journal of Hiroshima Prefectural College of Health Sciences, humanity and science
4
1
開始ページ
97
終了ページ
108
出版年月日
2004-03
出版者
広島県立保健福祉大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA11568026
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
14
旧URI
区分
pu-hiroshima