Organization and Development of the Brain Mechanism for Understanding Speakers' Real Intentions

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3420
File
Title
Organization and Development of the Brain Mechanism for Understanding Speakers' Real Intentions
Title Alternative
話者の真意を理解する脳機構とその発達
Author
氏名 IMAIZUMI Satoshi
ヨミ イマイズミ サトシ
別名 今泉 敏
氏名 HOMMA Midori
ヨミ ホンマ ミドリ
別名 本間 緑
氏名 OZAWA Yoshiaki
ヨミ オザワ ヨシアキ
別名 小澤 由嗣
氏名 YAMASAKI Kazuko
ヨミ ヤマサキ カズコ
別名 山崎 和子
氏名 MARUISHI Masaharu
ヨミ マルイシ マサハル
別名 丸石 正治
氏名 MURANAKA Hiroyuki
ヨミ ムラナカ ヒロユキ
別名 村中 博幸
Subject
mind reading for verbal acts
brain
development
speech communication
音声を介した心の理解
発達
音声コミュニケーション
Abstract

To clarify how the brain understands the speaker's mind for verbal acts, fMRI images obtained from 24 subjects and behavioral data obtained from 339 subjects were analyzed when they judged the linguistic meanings or emotional manners of spoken phrases. The target phrases had linguistically positive or negative meanings and were uttered warmheartedly or coldheartedly by a woman speaker. The results of the fMRI analyses suggest that neural resources responsible for the speakers' mind reading are distributed over the superior temporal sulci (STS), inferior frontal regions, medial frontal regions and posterior cerebellum. When compared to the female subjects, the male subjects showed significantly stronger activation only in the right frontomedian cortex, which can be hypothesized to infer the speaker's hidden but true intentions from the speaking acts. The correct judgment of the speaker's intentions significantly increased with age for the phrases with inconsistent linguistic and emotional valences. Female children showed faster development than male children. These results suggest that neural processes for language and emotional prosody significantly interact to mentalize verbal acts, and sex differences exist in this mind reading system

話し言葉の言語的意味と感情的態度を判断する課題に対して24名から観測された機能的MRIによる脳機能画像と339名の課題成績を分析して,音声コミュニケーションにおいて話者の心を理解する脳機能を検討した。言語的意味が正負で対立するフレーズ(好きvs.嫌い)を,感情的態度が対立するモード(「愛情」vs.「憎しみ」)で女性話者1名が発話した音声を使用した。脳機能画像解析の結果,話者の心の理解には,左右上側頭溝,左右前頭葉下部,右前頭葉内側部,左右小脳後部などが関与することが示唆された。女性被験者に対して男性で有意に賦活レベルの高かった右前頭葉内側部は,話者の真意を推測する機能に関与すると考えられた。課題成績は,刺激の感情属性と言語属性が一致しないフレーズに対して小学生から中学生に渡って加齢とともに有意に上昇した。女児のほうが男児より発達が早いことも示された。これらの結果は,話者の心を理解する脳機能において,従来独立と仮定されてきた言語的情報処理と感情的情報処理とが相互に干渉し合うこと,この脳機能には性差があることを示唆する。

Description

原著

Original Article

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
広島県立保健福祉大学誌人間と科学 = Journal of Hiroshima Prefectural College of Health Sciences, humanity and science
Volume
5
Issue
1
Spage
21
Epage
30
Published Date
2005-03
Publisher
広島県立保健福祉大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA11568026
Language
eng
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
06
Old URI
Set
pu-hiroshima