<原著>失調症患者における物品使用パターンの分析

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3464
ファイル
タイトル
<原著>失調症患者における物品使用パターンの分析
別タイトル
<ORIGINAL ARTICLES>An analysis of the pattern of using tools in ataxic patients
著者
氏名 宮口 英樹
ヨミ ミヤグチ ヒデキ
別名 MIYAGUTI Hideki
キーワード
失調症
動作分析
上肢
物品使用
ataxia
pattern analysis
upper extremity
using tools
抄録

失調症患者6名について, ビデオカメラによる観察分析法を用い, 物品使用のパターン分析を行った。静的把持パターンの分析は, 鎌倉の報告による健常者のデーターとの比較を行った。動的使用パターンの分析は, 肩関節, 肘関節, 手関節の動き及び動揺の状態, 手指の動き, 上肢の接地面, 物品使用の実用性について行ない, 対照群と比較した。その結果, 失調症患者は, 静的把持パターンでは, 握力把握を必要としない把握場面で握力把握を同時に出現させるケースが多く見られた。一方, 動的使用パターンの分析では, 患者は健常者と比べ, 肩関節の動きが少なく, 手指の動きは2次元的であり, 上肢の接地面は多く, さらに関節の動揺は, 手関節, 肘関節の順で多いことが認められた。この研究で失調症患者が物品使用するのために自助具の使用等を含めた手段が検討された。

A pattern analysis of tools used was conducted in six patients with ataxia through observations by using a video camera. The analysis results of static grasp pattern were compared with the data for normal subjects reported by Kamakura. Mobile use patterns were analyzed for movement and trembling conditions of the shoulder joint, elbow joint, and hand joints ; finger movement ; contact surface of the upper extremities ; and practicability of tools used. The results were compared with those of the controls. Some patients with ataxia showed use of grasping power when it was not necessary. On the other hand, the analysis of mobile use patterns revealed that the patients had less movement of the shoulders than that of normal subjects and had two-dimensional movement of fingers. The contact surface of the upper extremities was larger in the patients. Joint tremblings were found large in the order of the hand joint and the elbow joint. In this study, other measures including self-help devices for incontinent patients' using tools were considered.

内容記述

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
広島県立保健福祉短期大学紀要
2
1
開始ページ
11
終了ページ
20
出版年月日
1997-03
出版者
広島県立保健福祉短期大学
ISSN
1342-0070
NCID
AA11318754
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
04
旧URI
区分
pu-hiroshima