<原著>コーピングにおける性差

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3496
File
Title
<原著>コーピングにおける性差
Title Alternative
<ORIGINAL ARTICLES>Difference in coping behaviors between young men and women
Author
氏名 加藤 知可子
ヨミ カトウ チカコ
別名 KATOU Chikako
Subject
ストレス
コーピング
課題優先コーピング
stress
coping
task-oriented coping
Abstract

本研究における目的は, CISS(Coping Inventory for Stressful Situation)日本語版を用いてコーピング(対処行動)における性差を検討した。調査対象は, 大学生, 専門学校生, 大学院生の男性95名, 女性100名の合計195名である。その結果, ストレスの原因となっている問題に対して計画的, 冷静に行動するという対処行動である課題優先コーピングでは男性が女性より有意に高く, コーピングにおける性差が認められた。つまり, 課題優先コーピングにおける性差は男性性の獲得を含む性役割の影響が推測される。

The objective of this research was to study the difference of coping behaviors between young men and women based on the Japanese version of the CISS (Coping Inventory for Stressful Situation). The number of subject people was 95 males and 100 females, who were college, university and graduate students. The research has proved that there is a difference in coping behaviors between males and females because the figures for males were significantly higher than those for females in the task-oriented coping. However, in both the emotion-oriented coping and avoidance-oriented coping, a significant difference has not been found between males and females.

Description

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
広島県立保健福祉短期大学紀要
Volume
4
Issue
1
Spage
13
Epage
16
Published Date
1999-03
Publisher
広島県立保健福祉短期大学
ISSN
1342-0070
NCID
AA11318754
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
05
Old URI
Set
pu-hiroshima