<原著>脳性麻痺児の居住環境整備について : 家屋改造の実態調査

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3497
ファイル
タイトル
<原著>脳性麻痺児の居住環境整備について : 家屋改造の実態調査
別タイトル
<ORIGINAL ARTICLES>House remodeling for cerebral palsy children
著者
氏名 森下 孝夫
ヨミ モリシタ タカオ
別名 MORISHITA Takao
氏名 近藤 敏
ヨミ コンドウ サトシ
別名 KONDO Satoshi
氏名 伊藤 信寿
ヨミ イトウ ノブヒサ
別名 ITOH Nobuhisa
氏名 今在家 信司
ヨミ イマザイケ シンジ
別名 IMAZAIKE Shinji
キーワード
脳性麻痺
家屋改造
実態調査
cerebral palsy
house remodeling
fact-finding survey
抄録

脳性麻痺児が家庭で成長し生活していくためには, 移動や日常生活動作(ADL)能力を高めるために, 居住環境の整備が必要である。今回, 脳性麻痺児の家屋改造の実態調査を行った。対象は広島県, 兵庫県, 山口県等の7施設111名の脳性麻痺児の内, 何らかの改造を行ったことのある39名(35.1%)で, 方法は母親と担当のセラピストへの面接またはアンケートを用いた。結果は, (1)改造の総件数は203箇所で, 1人平均5.2箇所であった。(2)改造箇所はトイレ, 浴室, 玄関, 廊下が多かった。改造の内容は手すりの設置, ドアの改良, 段差の解消, スペースの拡張が多かった。(3)運動発達との関係では, つかまり立ち, 伝い歩きを始めた時に改造を行った例が多かった。(4)改造によって, ADLの自立度が向上したのはトイレ動作, 入浴動作および整容動作であった。脳性麻痺児の家屋改造の現状と課題を明らかにし, 考察を加えた。

Cerebral pulsy children need to have their living environment adjusted to meet their needs to grow up and get active in their own home adequately. This is no less important than their needs for the development of ambulation and ADL abilities. We conducted a fact-finding survey on the 39 families from Hiroshima, Hyogo, Yamaguchi and other prefectures who had responded that some kinds of remodeling had been made for the care of their handicapped child. The result of the survey show that : l) Altogether 203 adjustments were made in the 39 households, that meant 5.2 remodeled parts per one child. 2) Remodeled parts of the house included the washroom, bathroom, hallway and corridor. Works included the building of a new handrail, reworked doors, removal of steps, and expansion of space. 3) In most cases the first remodeling was carried out at the time of the child's beginning to stand and walk. 4) The remodeling improved the toileting, bathing and grooming activities. This paper is a report on the survey about the remodeling for the cerebral palsy children with our comments and suggestions.

内容記述

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
広島県立保健福祉短期大学紀要
4
1
開始ページ
77
終了ページ
85
出版年月日
1999-03
出版者
広島県立保健福祉短期大学
ISSN
1342-0070
NCID
AA11318754
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
13
旧URI
区分
pu-hiroshima