<原著>施設内ディジタル画像伝送システムの構築

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3507
File
Title
<原著>施設内ディジタル画像伝送システムの構築
Title Alternative
<ORIGINAL ARTICLES>Construction of digital imaging transmission system in radiological department
Author
氏名 中村 悟
ヨミ ナカムラ サトル
別名 NAKAMURA Satoru
氏名 小山 矩
ヨミ コヤマ タダシ
別名 KOYAMA Tadashi
氏名 吉田 彰
ヨミ ヨシダ アキラ
別名 YOSHIDA Akira
氏名 砂屋敷 忠
ヨミ スナヤシキ タダシ
別名 SUNAYASHIKI Tadashi
Subject
DICOM
ネットワーク
ディジタル画像
network
digital imaging
Abstract

本学のX線CT装置, MRI装置, CR装置, DR装置, γカメラ装置の5機種が医用画像ファイリングシステムとDICOM3.0で接続され, 各装置で発生する医用画像を共通に取り扱うことができるようになった。このシステムは, 医用画像の統合的診断, ディジタル保存, 施設内通信, 画像処理の学習を目的として構築されたものである。施設内での1画像の伝送時間はファイリングまで含めて14~21秒であった。

X-ray computed tomography (CT), magnetic resonance imaging (MRI), computed radiography (CR), digital radiography (DR) and γ-camera were connected to medical imaging filing system with digital imaging and communication in medicine (DICOM3.0) in our department. We can treat medical imaging generated from each modality in the same way. This system is constructed for integrating diagnosis, digital storage, communication in our department and learning image processing. It takes about 14 to 21 seconds to transmit one image including storage in our department.

Description

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
広島県立保健福祉短期大学紀要
Volume
4
Issue
1
Spage
55
Epage
59
Published Date
1999-03
Publisher
広島県立保健福祉短期大学
ISSN
1342-0070
NCID
AA11318754
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
10
Old URI
Set
pu-hiroshima