<原著>吃音児の発語運動能力の検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3508
ファイル
タイトル
<原著>吃音児の発語運動能力の検討
別タイトル
<ORIGINAL ARTICLES>Examination of speech motor capacity in stuttering children
著者
氏名 山崎 和子
ヨミ ヤマサキ カズコ
別名 YAMASAKI Kazuko
氏名 城本 修
ヨミ シロモト オサム
別名 SHIROMOTO Osamu
氏名 小澤 由嗣
ヨミ オザワ ヨシアキ
別名 OZAWA Yoshiaki
キーワード
吃音児
発語運動能力
交互反復運動
運動速度
運動の安定性
stuttering child
speech motor capacity
oral diadochokinesis
motion rate
stability of motion
抄録

吃音児4名(7歳~9歳11ヵ月)を対象に, oral diadochokinesis検査を実施し, 発語運動能力の評価を行った。回数(運動速度), 変動率(運動の安定性), および時間的変動を指標として分析した。その結果, 非吃音児に比べ, 運動の回数には差はみられなかったが, 運動の変動率については, 非吃音児に比べ吃音児の方が高い傾向が認められた。特に吃症状が持続している症例にその傾向が顕著であった。また, 時間的変動に関しては一定の傾向は認められなかった。発語運動能力の評価には運動速度と安定性の両面からの評価が必要であることが示唆された。

In the stuttering children (7-9years-old) the oral diadochokinesis was carried out, and the speech motor capacity was assessed. Frequency (rate), coefficient of fluctuation (stability) and time variation were analyzed. The rate was not different between the stuttering and non-stuttering children. However, the stability tended to be higher in the stuttering children, especially in those with continued stuttering symptom. No definite tendency was observed for the time variation. It was indicated that for the evaluation of the speech motor capacity, evaluations from both sides of stability and motion rate were necessary.

内容記述

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
広島県立保健福祉短期大学紀要
4
1
開始ページ
113
終了ページ
119
出版年月日
1999-03
出版者
広島県立保健福祉短期大学
ISSN
1342-0070
NCID
AA11318754
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
17
旧URI
区分
pu-hiroshima