<資料>放射線施設での地震・火災対策

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3544
File
Title
<資料>放射線施設での地震・火災対策
Title Alternative
<KNOW-HOWS>Countermeasure for earthquake and fire in a radiation treatment institution
Author
氏名 中村 悟
ヨミ ナカムラ サトル
別名 NAKAMURA Satoru
Subject
放射線施設
地震
火災
サーベイメータ
消防訓練
a radiation treatment institution
earthquake
a fire
surveymeter
fire drill
Abstract

放射線施設では, 地震が発生しても火災が発生しないよう適切な措置を講じておかなければならない。もし火災が発生した場合, 放射性同位元素による汚染の拡大を防ぐ意味でも初期消火は非常に大切である。初期消火に失敗した場合には, 消防隊と連携を図り, 汚染の拡大を最小にするような方法で消火活動を行う。その際, 放射線被曝をできるだけ少なくするために, 消防隊員等もサーベイメータの取扱に習熟しておいたほうがよい。うまく連携をとるためには, 火災の発生を想定した消防訓練を消防機関と合同で行うとよい。

In a radiation treatment institution, we must take appropriate measures to avoid a fire caused by earthquake. If a fire occurs, primary extinction is very important to prevent a spread of radioisotope contamination. If you failed primary extinction, you must put out a fire in cooperation with firecompany in a way of minimum radioisotope contamination. On that occasion, a fireman also had better be accustomed to the use of a surveymeter for the sake of dealing with smaller irradiation. It is a good idea to practice fire drill with the fire department.

Description

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
広島県立保健福祉短期大学紀要
Volume
5
Issue
1
Spage
93
Epage
98
Published Date
2000-03
Publisher
広島県立保健福祉短期大学
ISSN
1342-0070
NCID
AA11318754
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
14
Old URI
Set
pu-hiroshima