<報告>パーソナルコンピュータを使用した暗号化方式による医療情報保護の基礎的検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/3549
ファイル
タイトル
<報告>パーソナルコンピュータを使用した暗号化方式による医療情報保護の基礎的検討
別タイトル
<REPORTS>Investigation of medical information using the public key cryptosystem on personal computer
著者
氏名 羽根田 清文
ヨミ ハネダ キヨフミ
別名 HANEDA Kiyofumi
氏名 小山 矩
ヨミ コヤマ タダシ
別名 KOYAMA Tadashi
氏名 梅田 徳男
ヨミ ウメダ トクオ
別名 UMEDA Tokuo
氏名 原内 一
ヨミ ハラウチ ハジメ
別名 HARAUCHI Hajime
氏名 稲邑 清也
ヨミ イナムラ キヨナリ
別名 INAMURA Kiyonari
キーワード
公開鍵暗号法
医療情報
パーソナルコンピュータ
安全性
複数環境動作システム
public key cryptosystem
medical information
personal computer
security
multi operation system
抄録

医療情報を保護する為に専用装置を用いずにパーソナルコンピュータを使用して医療情報を暗号化する方式に注目し, 現在国内で比較的入手及び使用可能な装置を対象として, 公開鍵暗号法を用いて医療情報を暗号化した場合の暗号処理時間及び安全性に対する有用性の検討を行う為に, 暗号鍵やシステム構成などをパラメータとして検討した。それらの結果, 暗号化/復号化に伴うファイル容量にたいする付加時間は22s/MB及び15s/MBであり, 比較的ファイル容量の多い医療情報を暗号化する場合でも, 実使用に耐えうる範囲であった。また, データ圧縮を行うことにより, 暗号データのファイル容量は元データとほぼ同容量となり, 保管容量・伝送時間に変化はないこと。さらに暗号化した情報は充分保護されていたことを示した。これらの結果からパーソナルコンピュータを使用して医療情報の保護を行うことは可能であることがわかった。

We developed a system where medical information is enciphered and decode employing public key cryptography to protect medical information from being leaked, tampered or falsified, and practicability and the security of the system was examined. Pretty Good Privacy (PGP) and Privacy Enhanced Mail (PEM) tested in multi operation system. Encryption and decryption of 8MB data size took 176 sec. and 150 sec. respectively. PGP is capable of reversible data compression before encryption, so that 10% reduction of data size was realized without loss of information. Simulation of the security proved that an instruction time needed more than 1.321035times in case of 2,048 bits key length.

内容記述

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
広島県立保健福祉短期大学紀要
5
1
開始ページ
117
終了ページ
123
出版年月日
2000-03
出版者
広島県立保健福祉短期大学
ISSN
1342-0070
NCID
AA11318754
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
17
旧URI
区分
pu-hiroshima