神経成長因子存在下で神経突起形成が見られないPC12m3細胞における低周波振動音刺激による神経突起の誘導

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/4894
ファイル
タイトル
神経成長因子存在下で神経突起形成が見られないPC12m3細胞における低周波振動音刺激による神経突起の誘導
別タイトル
Vibratory sound induces neurite outgrowth in PC12m3 cells in which nerve growth factor-induced neurite outgrowth is impaired
著者
氏名 小池 好久
ヨミ コイケ ヨシヒサ
別名 KOIKE Yoshihisa
氏名 平上 二九三
ヨミ ヒラガミ フクミ
別名 HIRAGAMI Fukumi
氏名 加納 良男
ヨミ カノウ ヨシオ
別名 KANO Yoshio
キーワード
低周波直接振動刺激
低周波音波刺激
振動音響療法
PC12m3細胞
low-frequency vibratory sound
low-frequency wave sound vibroacoustic therapy
PC12m3 cell
抄録

薬剤に高い感受性を示すPC12m3細胞は,ニューロンモデル細胞であるPC12細胞の変異細胞である。今回の研究において,NGF存在下のこのPC12m3細胞に各々アンプレーションレベル5の10~20,000Hzの振動音刺激を30分間与えた。その結果,10Hz,200~20,000Hz間の振動音刺激では,神経突起の成長効果はほとんど得られなかったのに対して,20~150Hz間の振動音刺激においては高い神経様突起成長を促した。コントロール群に対する神経突起成長比率は,40Hzの刺激で最も高くなり,コントロール比で約3倍の神経突起成長を促した。さらに,我々の実験では,直接振動刺激と音波刺激の双方で神経突起を誘導した。最も効果の高かった直接振動刺激と音波刺激での周波数は,各々40Hzと200Hzであった。どうして周波数の不一致が生じたのかの原因はよくわからない。しかしながら,40Hz振動刺激の結果は,振動音響療法効果の中心領域である20~80Hzの振動刺激帯に一致している。

A drug-hypersensitive PC12 mutant cell line (PC12m3) was obtained during continuous culturing of neural PC12 cells. In this study, PC12m3 cells were exposed to vibratory sound stimuli of frequencies ranging from 10 to 20,000Hz for 30 minutes at intensity 5, alone with the addition of NGF. The results showed that vibratory sounds of 20-150Hz induced enhancement of neurite outgrowth, whereas vibratory sound 10Hz and 150Hz to 20,000Hz had little effect on neurite outgrowth. The frequency of neurite outgrowth induced by 40-Hz sound stimuli was approximately 3-fold greater than that induced by NGF alone. Furthermore, our results showed that both vibratory sounds and sound waves, 40Hz and 200Hz, respectively, were the most effective. The reason for the discrepancy in frequency is not clear. However, the effect of 40-Hz vibratory sounds is consistent with the effect of the Vibratory Acoustic Therapy which mainly uses vibratory sounds between 40-Hz and 80-Hz.

内容記述

原著

Original Article

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
8
1
開始ページ
49
終了ページ
56
出版年月日
2008-03
出版者
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
08
旧URI
区分
pu-hiroshima