小児がんキャンプにおける学生ボランティアへの学習支援のあり方

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/4902
File
Title
小児がんキャンプにおける学生ボランティアへの学習支援のあり方
Title Alternative
Learning program for students who work as volunteers in an oncology camp
Author
氏名 鴨下 加代
ヨミ カモシタ カヨ
別名 KAMOSHITA Kayo
氏名 伊藤 有里
ヨミ イトウ ユリ
別名 ITO Yuri
氏名 尾形 明子
ヨミ オガタ アキコ
別名 OGATA Akiko
氏名 浦田 美沙子
ヨミ ウラタ ミサコ
別名 URATA Misako
氏名 西村 真一郎
ヨミ ニシムラ シンイチロウ
別名 NISHIMURA Shinichiro
氏名 小林 正夫
ヨミ コバヤシ マサオ
別名 KOBAYASHI Masao
Subject
小児がんキャンプ
学生ボランティア
学習支援
oncology camp
student volunteers
learning support
認知症高齢者
非薬物療法
コラージュ療法
音楽療法
elderly people with dementia
non-drug therapy
collage therapy
music therapy
Abstract

本研究は,小児がんキャンプにおける学生ボランティア学習支援のあり方を検討することを目的とした。そのため,学生ボランティアに提供した学習支援内容を整理し,学生ボランティアの意見からその評価を行った。その結果,(1)学生ボランティアは,"キャンプ運営"に必要な知識の提供を受け,得た知識をもとにレクリエーションを企画し,その内容を実行委員会で検討する過程を経て,レクリエーションの運営役割を遂行し,また"小児がん"の知識を得て参加者をサポートする役割の遂行に役立てていた。(2)A支部は相談できる体制づくりとして,ボランティア間の仲間づくりを意図的に行い,学生ボランティアが助け合いボランティア役割を遂行していた状況が確認できた。しかし,学生ボランティアはキャンプ参加者への配慮で困惑する状況があるため,医療ボランティアなど他のボランティアとも連携し対処できるように,研修会で他のボランティア役割の説明や連携の必要性を伝えていく必要性が考えられた。

The purpose of this study was to devise a program to provide support for students who work as volunteers in an oncology camp. We developed a course in which we offered the students knowledge about pediatric cancer, camp administration, and developing friendships. The students' comments were used to evaluate this course. The students helped each other while providing recreation at the camp and were able to support the campers as well. However, the students sometimes felt that dealing with the campers was difficult. Therefore, the authors believe that it is important for students to learn to help and support each other first.

本研究では,認知症高齢者に対し,精神療法的ないし心理・社会的アプローチを行うことを非薬物療法として捉え,認知症の中核症状である認知機能に焦点を当てて,コラージュ療法の非薬物療法としての意義について臨床的介入の結果から分析・考察した。対象は,老人保健施設の認知症エリアに入所中の12名である。月2回,6ヶ月間,音楽療法とコラージュ療法を併用した活動を行い,その効果をHDS-Rおよびコラージュ観察評価スケールを用いて評価した。その結果(分析対象は9名),ADの2名を除く7名中6名は介入後のHDS-R得点が増加した。また,対人交流の活性化や活動への注意・関心の高まり,感情の安定化が認知機能の維持・改善に寄与することが示された。コラージュ療法の作業過程と制作された作品の感想から満足感や達成感,回想などによる感情の浄化と安定が図られ,行動の変容に繋がるなど非薬物療法として有意義であることが示された。

In this study, we considered psychotherapy or psycho-social approaches for elderly people with dementia as a form of non-drug therapy. We analyzed the effects of a clinical intervention using collage therapy with a focus on the loss of cognitive function that is the central symptom of dementia. The subjects were twelve people (the analysis subjects: nine) living in the dementia section of health service facilities for the elderly. Activities using music therapy together with collage therapy were conducted twice a month over a period of six months, and the effect was evaluated using HDS-R and the collage observation assessment scale. Results indicated that, excluding AD patients, six out of seven had an increased HDS-R score after intervention. Moreover, it was shown that activation of interpersonal exchange, increased attention and concern, and stabilization of emotion contributed to maintenance and improvement of cognitive function. From the work process and impressions of the work created it can be said that significant aspects of collage therapy as a non-drug therapy included feelings of satisfaction and achievement, catharsis (purification of feelings) connected with recollection, and behavioral changes.

Description

報告

Report

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
Volume
8
Issue
1
Spage
135
Epage
143
Published Date
2008-03
Publisher
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
16
Old URI
Set
pu-hiroshima