発達に遅れがある子どもの母親の子育て : 障害児デイサービス利用後の変化と支援に焦点をあてて

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/4904
ファイル
タイトル
発達に遅れがある子どもの母親の子育て : 障害児デイサービス利用後の変化と支援に焦点をあてて
別タイトル
Child care support for mothers of children having a delay in development : Focusing on effects of using a handicapped-child day service
著者
氏名 土路生 明美
ヨミ トロブ アケミ
別名 TOROBU Akemi
氏名 竹中 和子
ヨミ タケナカ カズコ
別名 TAKENAKA Kazuko
氏名 田中 義人
ヨミ タナカ ヨシト
別名 TANAKA Yoshito
キーワード
発達に遅れがある子どもの子育て
障害児デイサービス
幼児期
parenting of children with mild disabilities
handicapped-child day service
infancy
抄録

本研究の目的は,発達に遅れがある幼児をもつ母親が障害児デイサービスを利用し,どのように変化し,その変化に与えた支援内容を明らかにし,子育て支援について示唆を得ることとした。対象は障害児デイサービスを利用し,発達に遅れがある幼児の母親3名であった。研究方法は半構成的な面接法を用いた。分析方法は質的帰納的方法を用いた。対象者の体験から,1)【子育てに対する思いの変化】,2)【デイサービスでの支援】の2つを抽出した。その結果,1)には,(1)育てにくさ,(2)子育てに対する前向きな思い,(3)子どもの将来への期待と不安の3つのカテゴリーが含まれていた。2)には(1)スタッフからの支援,(2)発達に遅れがある他児の母親からの支援という2つのカテゴリーが含まれていた。母親にとって有効な支援とは,親子ともに肯定的に受けとめ,悩みを相談でき,共に子どもを理解し,子育てについて助言してくれることであった。障害児デイサービスは,母親にとって,告知後の精神的なフォローの場,スタッフや他児の母親からの子育てのアドバイスや子どもとの関わり方のモデルが得られる場,母親同士が語り合い,情報交換の場となっており,発達に遅れがある子どもを前向きに受け入れ育てようとする思いを支えていた。

The purpose of this study was to investigate the experience of child care of mothers of children with mild disabilities, with a focus on changes after use of a handicapped-child day service. The subjects were 3 mothers of infants with a delay in development who were using a handicapped-child day service. Data was collected by means of semi-structured interviews, the content of which was transcribed for the purpose of analysis. Two major factors emerged from the interview data: 1) changes in thinking about child care; 2) support from the day service. The first factor includes three categories: a) the difficulty of child care; b) pro-active child care; c) hopes and anxieties about the future of the child. The second factor includes two categories: a) support from the staff; b) peer support. Staff and peers became an effective source of support for mothers. Mothers expected three kinds of support; 1) positive understanding of parent and child; 2) explanation and advice about child behavior; 3) a venue for talking about troubles and concerns.

内容記述

報告

Report

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
8
1
開始ページ
157
終了ページ
166
出版年月日
2008-03
出版者
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
18
旧URI
区分
pu-hiroshima