大学院教育におけるWebカメラを用いた遠隔地e-Learningシステム構築の評価

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/4968
File
Title
大学院教育におけるWebカメラを用いた遠隔地e-Learningシステム構築の評価
Title Alternative
The evaluation of a distance e-Learning system using Web cameras in graduate school education
Author
氏名 大西 英雄
ヨミ オオニシ ヒデオ
別名 ONISHI Hideo
氏名 網島 ひづる
ヨミ アミジマ ヒヅル
別名 AMIJIMA Hizuru
氏名 金井 秀作
ヨミ カナイ シュウサク
別名 KANAI Shusaku
氏名 近藤 敏
ヨミ コンドウ サトシ
別名 KONDO Satoshi
氏名 今泉 敏
ヨミ イマイズミ サトシ
別名 IMAIZUMI Satoshi
氏名 細羽 竜也
ヨミ ホソバ タツヤ
別名 HOSOBA Tatsuya
氏名 古屋 泉
ヨミ フルヤ イズミ
別名 FURUYA Izumi
氏名 細川 淳嗣
ヨミ ホソカワ アツシ
別名 HOSOKAWA Atsushi
Subject
e-Learning
大学院の授業
インターネット
LCMS
SkypeTM
graduate-school
internet
learning content management system
Skype™
Abstract

本研究の目的は,ICT(information communication technology)を活用した効果・効率を高めた教育-学習システムを構築しその評価を行う。そのシステムは,教員が授業内容として作成したコンテンツをインターネット上にあるサーバーにuploadを行い,コンテンツを教員・受講生ともに各自のPCからインターネット経由でサーバーにアクセスを行う。同時にSkypeTMによるWebカメラとヘッドホーンを利用した双方向のリアルタイム音声・画像システムを利用して,対面授業を行う。授業内容は大学院(保健福祉学専攻)レベルとした。研究参加に同意した受講生を対象に本システムを活用した模擬授業を行い,その有効性及び特異性などについて質問紙調査を実施した。その結果,遠隔地からでも受講可能であること,対面授業による学生と教員のコミュニケーションの効果や受講生が自由にインターネットでコンテンツにアクセスすることで予習や復習ができることなどから学習意欲が高まるなどの評価が高かった。しかし,SkypeTM使用における通信スピードの低下などによう画像劣化や音声の劣化など今後の対策が求められた。

The purpose of this study was to construct and evaluate a Web-based education and learning system, which enhances the effects and the efficiency of learning by the use of ICT (information communication technology). The system allows class contents to be uploaded to an Internet server, and to be simultaneously accessed by both the teacher and students using PCs. An interactive lesson could be held by means of a real-time audio and visual system using Skype™ with Web cameras and headphones. The class contents in our study were graduate-school level (Faculty of Health and Welfare). Having obtained consent for our research from the participants, we conducted a class utilizing the system and conducted a questionnaire survey about its efficacy and specific qualities. The results indicated a high evaluation of the system in that learning was facilitated by the capability of the system which allowed students to prepare and review lessons, to access contents even from distant locations, and to participate in interactive lessons with the teacher. However, future measures to deal with problems including image distortion, poor sound quality and slowness in Skype™ communication speed are required.

Description

報告

Reports

Journal Title
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
Volume
9
Issue
1
Spage
111
Epage
120
Published Date
2009-03
Publisher
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
12
Old URI
Set
pu-hiroshima