大腸癌のsurvivinの発現における臨床病理学的検討(健康科学科)

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/5778
File
Title
大腸癌のsurvivinの発現における臨床病理学的検討(健康科学科)
Title Alternative
Clinicopathological study of survivin expression in colorectal cancer(Department of Health Science)
Author
氏名 斉 広営
ヨミ サイ コウエイ
別名 SAI Kouei
氏名 青木 絵里子
ヨミ アオキ エリコ
別名 Tuncel Handan
氏名 田中 信治
ヨミ タナカ シンジ
別名 Aoki Eriko
氏名 岡 志郎
ヨミ オカ シロウ
別名 Tanaka Shinnji
氏名 高橋 亮吏
ヨミ タカハシ リョウジ
別名 Ouka Sirou
氏名 金子 巌
ヨミ カナコ イワオ
別名 Takahasi Ryoji
氏名 達家 雅明
ヨミ タツカ ハルオ
別名 kanako Iwao
氏名 高田 隆
ヨミ タカタ タカシ
別名 Tatsuka Haruo
氏名 嶋本 文雄
ヨミ シマモト フミオ
別名 Takata Takashi
Abstract

survivinは、アポトーシスの抑制と細胞分裂の調節の二つ機能を有するタンパク質である。このタンパクは、成人の正常組織でほとんど発現せず、胎児の組織と人の癌の大部分で発現される。そのためdrug targetとして非常に注目されている。現在まで、種々の腫瘍におけるsurvivinの発現に関して報告は多いが、癌細胞の細胞質と核の局在の違いによる検討は少ない。今回、我々は、外科的に切除された進行大腸癌142例を対象とし、このタンパクの発現を免疫組織学的な酵素抗体法を用い、各種の臨床因子について検討した。結果:survivinの発現は、癌細胞の核(N)と細胞質(C)の両者に発現した症例(N+C+群)数は17(12%)例、核

細胞質の一方のみに発現した症例(N+C-群)数は92(64.8%)例、N-C+群は12(8.2%)例、両者陰性例N-C-群は21(14.8%)例であった。臨床病理学的にはN+C-群とN-C+群の比較では、統計的に有意にN-C+群で転移率が高く、また、N+を示す症例はN-より転移率とstage Dの割合が少ないが、C+を示す症例はC-よりstage Dの割合が増加していた。5年生存率では、核陽性の症例は予後はよいが、細胞質陽性の症例は予後不良を示した。結論:アポトーシスを抑制する因子であるsurvivinは、癌細胞の発現の局在の違いにより生物学的悪性度が異なることが示唆され、患者の予後、治療方針を考える上で、この蛋白の発現を検討することは有意義であることが証明された。

Survivin is a bifunctional protein that suppresses apoptosis and regulates cell division. It is expressed in various human cancers, but not in most normal adult human tissues, and has therefore garnered great interest as a potential drug target. There are few comparative studies of survivin expression between the cytoplasm and nucleus of individual cells, although there are many reports regarding its expression in various tumors. The aims of the present study were to investigate survivin protein expression in colorectal carcinoma and to elucidate the relationships among the survivin protein, clinicopathological features and tumor progression. Immunohistochemical analyses of 144 cases of advanced colorectal cancer revealed 17 N+C+ cases with survivin-positive staining in both the cytoplasm (C) and the nucleus (N), 92 N+C- cases with survivin expression on only the nucleus, 12 N-C+ cases with survivin expression on only one side of the cytoplasm, and 21 N-C- cases that were negative for survivin in both the cytoplasm and the nucleus. The occurrence of metastasis was higher in the N-C+ group than in the N+C- group, and the frequency of metastasis and number of cases with stage D were lower in the N+ group than in the N- group. Furthermore, the number of cases with stage D was higher in the C+ group than in the C- group. The N+ cases were associated with a better prognosis, while the C+ cases were not. In conclusion, these findings suggest that the biological behavior of colorectal cancer may differ according to the localization of survivin expression within the cancer cells.

Description

原著

Original

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
県立広島大学人間文化学部紀要
Volume
創刊号
Spage
47
Epage
60
Published Date
2006-03
Publisher
県立広島大学
ISSN
13467816
NCID
AA12116573
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
09
Old URI
Set
pu-hiroshima