ヒト乳ガンのホスファチジルセリン、ホスファチジルイノシトールおよびカルジオリピンの脂肪酸組成(健康科学科)

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/5783
File
Title
ヒト乳ガンのホスファチジルセリン、ホスファチジルイノシトールおよびカルジオリピンの脂肪酸組成(健康科学科)
Title Alternative
Fatty Acid Compositions of Phosphatidylserine, Phosphatidylinositol and Cardiolipin in Human Breast Cancer and Reference Tissues(Department of Health Science)
Author
氏名 梶谷 典子
ヨミ カジタニ ノリコ
別名 Kajitani Noriko
氏名 西本 利恵子
ヨミ ニシモト リエコ
別名 Nishimoto Rieko
氏名 上田 愛子
ヨミ ウエダ アイコ
別名 Ueda Aiko
氏名 村嶋 信尚
ヨミ ムラシマ ノブタカ
別名 Murashima Nobutaka
氏名 伊波 茂道
ヨミ イハ シゲミチ
別名 Iha Shigemichi
氏名 石永 正隆
ヨミ イシナガ マサタカ
別名 Ishinaga Masataka
Abstract

ヒト乳ガンのリン脂質であるホスファチジルセリン(PS)、ホスファチジルイノシトール(PI)およびカルジオリピン(CL)の脂肪酸組成についてはほとんど報告がない。我々は、これらのリン脂質の脂肪酸組成を対照組織のそれらと比較した。その結果、乳組織のホスファチジルセリンの脂肪酸は、ステアリン酸(18:0)とオレイン酸(18:1)が全体の80%をも占めていた。乳癌組織と対照(非乳癌組織)を比べると、PIでは飽和脂肪酸酸が57.7から66.3%に癌組織では増加し、逆にアラキドン酸は30.2から18.6%に減少した。PSでは、18:0が35.5から43.2%に癌組織で増加し、逆に18:1は43.7から37.2%に減少した。一方、CLでは、18:1は9.7から25.5%に癌組織で増加し、逆にリノール酸は60.7から50.1%に減少した。

There are hardly any reports regarding the fatty acid compositions of phosphatidylserine (PS), phosphatidylinositol (PI), and cardiolipin (CL) in human breast cancer. Here, we compared the fatty acid compositions of PS, PI and CL in breast cancer tissues with those in reference tissues. It was found that 18:0 and 18:1 characteristically occupied over 80% of the fatty acid composition of breast tissue PS. In breast cancer tissues relative to the reference tissues, saturated fatty acid was increased from 57.7% to 66.3% while 20:4 was decreased from 30.2% to 18.6% in PI, 18:0 was increased from 35.5% to 43.2% while 18:1 was decreased from 43.7% to 37.2% in PS, and 18:1 was increased from 9.7% to 25.5% while 18:2 was decreased from 60.7% to 50.1% in CL.

Description

原著

Original

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
県立広島大学人間文化学部紀要
Volume
創刊号
Spage
13
Epage
18
Published Date
2006-03
Publisher
県立広島大学
ISSN
13467816
NCID
AA12116573
Language
eng
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
06
Old URI
Set
pu-hiroshima