児童生徒の身体状況と生活習慣の季節的変化

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/5791
File
Title
児童生徒の身体状況と生活習慣の季節的変化
Title Alternative
Seasonal influence on life-style and physical conditions in the children of elementary junior high school
Author
氏名 森 朝美
ヨミ モリ アサミ
別名 MORI Aasami
氏名 岩本 珠美
ヨミ イワモト タマミ
別名 IWAMOTO Tamami
氏名 鄭 継華
ヨミ
別名 ZHENG Jihua
氏名 西田 由香
ヨミ ニシダ ユカ
別名 NISHIDA Yuka
氏名 杉内 香予
ヨミ スギウチ カヨ
別名 SUGIUCHI Kayo
氏名 加藤 秀夫
ヨミ カトウ ヒデオ
別名 KATO Hideo
Abstract

小・中学生の心身は年毎に著しく発達する。心身の健全な発達において、睡眠、食事、排便などの基本的な生活習慣が重要な役割を果たしている。生活習慣と身体状況の相互関係を検討するために、広島県北の小・中学生を対象に実態調査研究を行った。また、同じ調査を気候条件の異なる時期に実施し、生活習慣と身体状況の相互作用と季節的な変化についても検討した。就寝時刻は学年とともに遅くなる傾向がみられた。夜更かしは朝食の欠食の原因となり、排便習慣へ影響を与えた。体脂肪率や血中ヘモグロビン、排便習慣には季節的な変化がみられた。また、朝食の欠食や睡眠不足は体脂肪率を増加させやすく、肥満のリスクを高めることが示唆された。

"The physical and psychological developments in the children of elementary school are remarkable during a year. The fundamental life-style for example habits of sleep, diet and evacuation play a very important role in the development of physical and psychological condition. We investigated into the interaction between life-style and physical conditions in the children of elementary school in the north of Hiroshima. We investigated seasonal influence on life-style and physical conditions by the same method in different season. With the years they stay up latter at night. Staying up late caused them without breakfast and influenced on their habit of evacuation. Body fat rate, hemoglobin and the style of evacuation are influenced by season. Without breakfast and short-term sleep are interacted with increased body fat, and carried the risk of obesity."

Description

原著

Original

国立情報学研究所で電子化

Journal Title
県立広島大学人間文化学部紀要
Volume
2
Spage
27
Epage
32
Published Date
2007-03
Publisher
県立広島大学
ISSN
13467816
NCID
AA12116573
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
07
Old URI
Set
pu-hiroshima