実験的高コレステロール血症ラットに及ぼすキュウリエソ魚醤の投与効果

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/5807
ファイル
タイトル
実験的高コレステロール血症ラットに及ぼすキュウリエソ魚醤の投与効果
別タイトル
Effects of Fermented Fish Sauce made from Maurolicus muelleri on the Experimental Hypercholesteremia Rats
著者
氏名 岩本 珠美
ヨミ イワモト タマミ
別名 IWAMOTO Tamami
氏名 平原 文子
ヨミ ヒラハラ フミコ
別名 HIRAHARA Fumiko
氏名 金山 功
ヨミ カナヤマ イサオ
別名 KANAYAMA Isao
氏名 板倉 弘重
ヨミ イタクラ ヒロシゲ
別名 ITAKURA Hiroshige
抄録

本研究では、キュウリエソを原料として麹菌で発酵させて作成した魚醤がラットの脂質代謝に及ぼす効果を検討した。Fisher-344系雄ラット7週齢、1群6匹ずつ4群を設けた。AIN-93G飼料組成を基本とした飼料を与えた群を対照(Cont)群とし、基本飼料+コレステロールを飼料とした群をChol-Cont群、基本飼料+コレステロール+粉末化した魚醤(FSPF)1%を飼料とした群をChol-F1群、基本飼料+コレステロール+FSPF3%を飼料とした群をChol-F3群とした。これらの飼料でラットを4週間飼育し、血清成分、肝臓中の脂質、トコフェロールについて検討した。その結果、体重増加量は、4群間で有意な差はみられなかった。血清脂質についてChol-Cont群とChol-F1群およびChol-F3群を比較検討したところ、血清総コレステロール(TC)値はChol-F1群、Chol-F3群で有意に高値を示し、魚醤の添加効果は認められなかった。血清トリグリセリド(TG)値はChol-F1群では、Chol-Cont群に比べ、有意の低い値であった。また、血清α-Toc値は、Chol-Cont群よりもChol-F1群、Chol-F3群で高い値を示した。さらに、肝臓中の脂質では、TG値はChol-Cont群、Chol-F1群、Chol-F3群の3群間で有意な差は認められなかった。今回の検討では、粉末化した魚醤の摂取により血清TG値の低下が認められたことから、キュウリエソを有効活用できる可能性のあることが示唆された。

"Our study examined the effects of fish sauce made from Maurolicus muelleri and fermentd with Aspergillus oryzae on lipid metabolism in rats. We sorted 24 male Fisher-344 rats, 7 weeks of age, into 4 groups after one week of extra breeding. The control group was fed a diet of AIN-93G composition ; the Chol-Cont group was fed the basic diet+cholesterol ; the Chol-F1 group was fed the basic diet+cholesterol+fish sauce in powder form (FSPF) that made up 1% of the total diet ; and the Chol-F3 group was fed the basic diet+cholesterol+FSPF that made up 3% of the total diet. The rats were fed on these diets 4 weeks, and the serum component, lipid, and tocopherol levels in their a livers were examined. The differences in body weight increases were not significant among the four groups. When the Chol-Cont, Chol-F1, and Chol-F3 groups were compared, the serum total cholesterol (TC) level in the Chol-Cont group showed serum lipid levels significantly higher than those of the Chol-F1 and Chol-F3 groups ; the effects of the fish sauce were not recognizable. When serum triglyceride (TG) levels were examined, the Chol-F1 group showed levels significantly lower than those of the Chol-Cont group. In addition, the Chol-F1 and Chol-F3 groups showed serum tocopherol levels significantly higher than those of the Chol-Cont group. Furthermore, no significant differences in TG levels were detected between the Chol-Cont, Chol-F1, and Chol-F3 groups. Because serum TG levels decreased significantly, it can be concluded that intake of Maurolicus muelleri was effective."

内容記述

原著

Original

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
県立広島大学人間文化学部紀要
2
開始ページ
17
終了ページ
25
出版年月日
2007-03
出版者
県立広島大学
ISSN
13467816
NCID
AA12116573
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
06
旧URI
区分
pu-hiroshima