非体育学部系男子大学生のサプリメントの利用実態と食に関する保健行動

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/5811
ファイル
タイトル
非体育学部系男子大学生のサプリメントの利用実態と食に関する保健行動
別タイトル
Dietary Supplement Use and Health-related Behavior in Male Students of Non-athletic College
著者
氏名 杉山 寿美
ヨミ スギヤマ スミ
別名 SUGIYAMA Sumi
氏名 岡松 久美
ヨミ オカマツ クミ
別名 OKAMATSU Kumi
氏名 廣田 彩
ヨミ ヒロタ アヤ
別名 HIROTA Aya
抄録

非体育学部系大学に在籍する男子大学生160人を対象として2002年10月に(1)サプリメントの利用状況、(2)食生活状況、(3)健康に関する行動についてアンケート調査を実施した。"スポーツサプリメント"を利用している者は47%、"スポーサツプリメント以外の一般的なサプリメント"を利用している者は18%であり、いずれのサプリメントも週2回以上利用している者が約50%であった。"スポーツサプリメント"は友人・コーチの勧めで、"一般サプリメント"は家族の勧めで利用されていた。また、"スポーツサプリメント"利用群は、非利用群と比較して食事を欠食しない傾向にあり(p<0.05)、体調がよいとした者が多く(p<0.05)、運動を実施している者も多かった(p<0.05)。しかしながら、運動の頻度・継続時間に有意な差は認められなかった。一方、"一般サプリメント"利用群は、非利用群と比較して夕食を一人で食べる傾向にあった(p<0.05)。なお、エステティックサロンの利用意欲、ファッション雑誌の購読状況には"スポーツサプリメント"でも"一般サプリメント"でも、それぞれのサプリメントの利用群と非利用群の間に有意な差は認められなかった。"

"We carried out a questionnaire survey to clarify the association between the use of dietary supplements and health-related behaviors in male students of Non-athletic College. Of the subjects, 47% had used dietary supplements for sporting activity while 18% had used dietary supplements for disease prevention. About 50% of these users were using these supplements twice or more

week. Supplements for sport were used on the recommendation of friends and coaches while supplements for disease prevention were consumed on the recommendation of family members. Health-related behaviors differed between the groups using or not using supplements. The group using supplements for sport less frequently skipped meals (p<0.05), more frequently were in good physical condition (p<0.05) and higher proportion of peoples who have a habit of exercise (p<0.05) than the group not using supplements for sport. However, no significant difference was observed in the frequency and time spent exercising between the two groups. The group using supplements for disease prevention more frequently had supper alone than the group not using supplements for disease prevention (p<0.05). No significant difference was observed in the will to visit aesthetic salons or the state of subscription of fashion magazines between the groups using and not using supplements for sport, or between the groups using and not using supplements for disease prevention.

内容記述

原著

Original

国立情報学研究所で電子化

掲載雑誌名
県立広島大学人間文化学部紀要
2
開始ページ
83
終了ページ
93
出版年月日
2007-03
出版者
県立広島大学
ISSN
13467816
NCID
AA12116573
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
12
旧URI
区分
pu-hiroshima