内示情報を用いた未達率指標による生産計画システム : 3つの未達率指標の性能解析

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/8088
ファイル
タイトル
内示情報を用いた未達率指標による生産計画システム : 3つの未達率指標の性能解析
別タイトル
Mass Customization Production Planning & Management System Based on Unfulfilled-order-rate : Performance of 3 indicators
著者
氏名 上野 信行
ヨミ ウエノ ノブユキ
別名 Ueno Nobuyuki
氏名 角本 清孝
ヨミ カドモト キヨタカ
別名 Kadomoto Kiyotaka
氏名 奥原 浩之
ヨミ オクハラ コウジ
別名 Okuhara Koji
抄録

本論文は,日本独特の製造業者と部品供給業者の聞の生産内示システムに関するモデル化を行ったものである。未達率指標にもとづき,先行需要情報(内示)を活用したマスカスタマイゼーション対応の生産計画モデルを提案する。従来に比べて,このモデルは,「各期の在庫は互いに相関がある」という前提で,不確実な需要に対して,確率制約と線形の生産制約を満足し,製造コストと在庫コストの合計の期待値を最小化する生産計画を求める非線形確率計画問題として定式化される。解を見つける手続きは,原問題を「緩和戦略」により,線形の部分問題を繰り返し解くことを基本としている。従来に比べて①厳密な未達率指標SOn②厳密な未達率指標により近い上界値を与える指標SOn(Pmin)③従来の各期在庫が互いに独立したものと仮定した指標SOn(0)の3つの指標を組み込んでおり,その指標聞の性能解析を行った。数値実験から「SOnはSOn(0)に比べて2-20%の在庫削減効果がある」ことが判明した。

In this paper, we try to model for ‘Naiji System’ which is an unique corporation between a maker and suppliers in Japan. We propose Mass Customization Production Planning & Management System (MCPS) based on unfulfilled-order-rate by using Advance Demand Information, which is called ‘Naiji’. This model is formulated as a nonlinear stochastic programming problem which minimizes the sum of production cost and inventory holding cost subject to the set of probabilistic constraint and some linear production constraints. We propose that (i) the strictly defined indicator of the unfulfilled-order-rate (SOn), (ii) the upper bound to estimate the unfulfilled-order-rate more strictly (SOn(ρmin)), (iii) the indicator of the unfulfilled-order-rate in the case that inventory is independent between periods (SOn (0)) and we analyze performances of 3 indicators. We confirm that the inventory becomes 7-20% decreases by using the indicator of SOn compared with SOn(0). Finally an availability of the indicator and of the procedure is shown.

掲載雑誌名
県立広島大学経営情報学部論集
3
開始ページ
215
終了ページ
225
出版年月日
2011-02
出版者
県立広島大学
ISSN
1882-7985
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
17
旧URI
区分
pu-hiroshima