失調性構音障害症例に対する集中的構音訓練の試み

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/9115
ファイル
タイトル
失調性構音障害症例に対する集中的構音訓練の試み
別タイトル
Effects of intensive articulatory training for ataxic dysarthria : A case study
著者
氏名 瀬戸宇治 友紀
ヨミ セトウジ ユウキ
別名 SETOUJI Yuki
氏名 小澤 由嗣
ヨミ オザワ ヨシアキ
別名 OZAWA Yoshiaki
キーワード
運動障害性構音障害
失調性構音障害
不規則な構音の誤り
集中的訓練
訓練効果
ataxic dysarthria
irregular articulatory breakdown
intensive training
efficacy of articulatory training
抄録

失調性構音障害によくみられる不規則な構音の誤りのうち,無声子音の有声化の誤りに焦点をあて,訓練条件を統制した集中的な構音訓練を実施し,その効果を調べた。20日間の集中的な構音訓練を行った結果,訓練文および非訓練文における正構音率が上昇した。しかし,訓練文によって,訓練後の正構音率に差がみられ,ベースラインテストの正構音率が高い文群ほど保持テストにおける正構音率が高い傾向があった。失調性構音障害の構音訓練では,適切な訓練頻度や練習回数を考慮するとともに,誤りの出現頻度にも配慮した訓練計画を立案する必要があると考えられた。

Intensive training was executed to examine efficacy of articulatory training focused on irregular articulatory breakdowns (inappropriately voiced consonants) in an individual with ataxic dysarthria. After 20 days of training that controlled training conditions, such as training frequencies and task difficulty, percentage of the syllables that were correctly articulated increased compared to that of the pretests in both trained and untrained materials. However, the syllables that were correctly articulated in the pretests tended to have higher scores in the posttests. It was suggested that clinicians should give considerations to articulatory error frequencies of syllables in pretest as well as training frequencies in treatment planning for ataxic dysarthria.

内容記述

原著

Original Articles

掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
11
1
開始ページ
21
終了ページ
27
出版年月日
2011-03
出版者
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
05
旧URI
区分
pu-hiroshima