高齢者施設で生活する中等度・重度認知症高齢者に自己決定の機会を提供する看護介入の有効性についての検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/9116
ファイル
タイトル
高齢者施設で生活する中等度・重度認知症高齢者に自己決定の機会を提供する看護介入の有効性についての検討
別タイトル
A study on the efficacy of nursing intervention for providing opportunities for self-determination in elderly nursing homes residents with moderate to severe dementia
著者
氏名 渡辺 陽子
ヨミ ワタナベ ヨウコ
別名 WATANABE Yoko
キーワード
中等度・重度認知症高齢者
自己決定
高齢者施設
看護介入
moderate to severe dementia
self-determination
nursing home
nursing intervention
抄録

本研究の目的は,高齢者施設で生活する中等度・重度認知症高齢者に対して自己決定の機会を提供する看護介入を実施し効果を明らかにすることで,介入の有効性を検討することである。10名の対象者に連続14日間,食事や更衣などの5つの日常生活行動に関する選択肢を提示し,自己決定場面を質的・帰納的に分析した。その結果,介入日数の経過とともに選択の仕方に変化がみられた。変化のカテゴリーとして,4日目以降で【援助者や他入所者との関係を考えながら選択する】,12日目以降で【周囲に対して気を配りながら選択する】がみられたことから,他者との関係性を維持しようとする力が引き出されたといえる。また8日目以降で【選択の意思を明確に示して行動する】がみられたことから,自己決定の力は潜在しており,介入により顕在化される可能性があるといえる。以上より本介入は,中等度・重度認知症高齢者の尊厳を支える援助であると同時に,自己決定する力を顕在させ,円滑な人間関係を営む力を引き出す効果があることが示唆され,介入の有効性が検証されたといえる。

The present study aimed to investigate the effects of nursing intervention that provides opportunities for self-determination to elderly individuals with moderate or severe dementia living in nursing homes by providing support for self-determination based on an intervention model to 10 subjects for 14 days. Qualitative inductive analysis of self-determination situations showed “making choices while interacting with care providers and other patients” from the start of intervention. “making choices in consideration of relationships with others” was seen from the 4th day and “Making choices while being mindful of the surroundings” from the 12th day, suggesting that the present intervention brings out the ability of patients to maintain relationships with the people around them. In addition, the fi nding that “clearly stating intent before acting” was observed from the 8th day suggests that elderly individuals with moderate or severe dementia have a latent desire for self-determination, which may manifest due to the present intervention. These fi ndings suggest that a nursing intervention for providing opportunities for self-determination results in manifestation of a desire for self-determination among elderly individuals with moderate or severe dementia as well as promotion of their efforts to maintain relationships with the people around them.

内容記述

原著

Original Articles

掲載雑誌名
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
11
1
開始ページ
29
終了ページ
40
出版年月日
2011-03
出版者
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
06
旧URI
区分
pu-hiroshima